Pairs体験談 26歳 国家公務員 ドンさん②

pairs
まだPairs体験談 26歳 国家公務員 ドンさん①
を読んでいない方は、こちらからどうぞ
女性側は気づいているのに、気付かないふりをするのです。
不安なのかわかりませんが
とても不自然ですよね。
目の前の正面から自分が歩いて近寄っているのに
ドンさんは、目の前だけ見ずに、左と右をキョロキョロ探すふりをしています。
そして、近寄って見ると、そこには「ドンさん」が居ました。
お笑い芸人のバービーさんを少し細くしたような
お顔に迫力のある、女性が立っていました。
自分も顔がでかいので辛いのですが、
写真で顔のデカさが隠せません。
肩幅は服でわかってしまいますし
その肩幅に比べて、顔の面積がデカイのは
自分の写真を見れば、一目瞭然です。
しかし、女性はプロの写真家さんしか居ないのでしょうか。
顔の大きさはおろか、顔の輪郭まで変えられるって、手品師か何かですよね。

ドンさんとカフェでお茶をすることに

ドンさんとカフェに向かう途中、そのモヤモヤした気持ちは晴れませんでした。
男性の皆さんは、この様な時、どうしているのでしょうか。
私は、「いや!話したら凄い波長が合うかも」と自分を奮い立たせて歩いています。
しかし、波長が合うどころか、気分を持ち直せた事がありません。
もし、男性の皆さんが自分と同じ考え方なら
いいね!数は捨ててでも、実際の自分+2割増しくらいまでの写真をオススメします。
カフェにつき、少し混んでいたのですが
席に案内してもらうと
その席は、どの壁にも触れていない
店の敷地の真ん中の席でした。
周りもお話しているので、気にし過ぎかもしれませんが
全く、集中できません。
次第に疲れてきて、(といっても15分ほどですが)
ドンさんの職業を当てて楽しむことにしました。
警察官の予想だったのですが、違ったようで
職場から、省庁勤務ではなさそうなので
お金の関係で話せないのか、個人情報の関係で話せないのか聞きました。
すると、思いのほかあっさり吐いてくれて
水道局の局員でした。
それは隠す必要があったのだろうか
と不思議な気持ちになりましたが
とりあえず、スッキリしたので、帰ろうとすると
あと!チーズケーキを食べてもいいですか?
と聞かれ、驚きました。
ドンさんはコーヒーと、モンブランとミニパフェを既に食べていて、
テーブルが空き皿で埋まっていました。
今後の発展は無いなと思い、

用事があるのですみません

と言い、解散することにしました。
お会計の伝票を渡されると、自分はすぐにレジへ向かったのですが
ドンさんは不自然なほどゆっくり歩いて、お会計が終わるのを待っているようでした。
元々払うつもりだったので全く問題ないのですが、
自分は心が狭いので
「ありがとう」
が無いことを気にしていました。
相手によって、「ありがとう」の有無なんて気にならないこともあるし
すごく気になってしまうのは不思議なものですね。
そんな感じで、帰りはぐったりしながら、ドンさんからの
「また次の機会にご飯に行きましょうね~土曜日希望です」
というメッセージを見て、ブロックさせて頂きドンさんとのデートは終わりました。

まとめ

メシモクな女性がむかつくとか、お礼を言わない女性に頭に来たりしますが

丁寧な対応をされなかったときは、自分が悪いと思うようにしています。

もし自分が魅力的な男性であれば、例えメシモクの女性も優しく接してくれるはずです。

相性が合わない相手とデートする時は、自分の魅力を磨くチャンスと思って切り替えて頑張るしかありません。

せっかくの時間やお金が無駄になってしまわないように自分なりの方法を考えるのもいいかもしれません。

 

 

マッチングアプリのその他の体験談はこちら

コメント

  1. […] Pairs体験談 26歳 国家公務員 ドンさん② […]

タイトルとURLをコピーしました