彼女と長続きしない男性の特徴とその解決法について紹介します。

女性バツ 婚活恋活のコツ
女性バツ
今回は、彼女と長続きしない男性の特徴と
長続きしなかった彼女との恋愛経験談を紹介します。
またその経験から解決法を紹介しますので、長続きしなくて困っている方は参考にしてください。

彼女と長続きしない男性の特徴

結婚を考えられない彼女と付き合う

少し気になる点があっても目をつむり、可愛いから仕方ないとか
自分なんかと付き合ってくれてるから仕方ないと思ってしまうと結局長続きしません。
付き合う前に気になった点は付き合ってからもかなりの確率で気になります。
 結婚を前提として考えられない相手とばかり付き合っていると長続きしないのも仕方ないですよね。

女性を安心させ油断させると長続きしません

浮気の心配0で、相手に一筋は素晴らしい事です。
しかし、相手との温度差が無いようにしましょう。
つい熱中してしまう気持ちはわかりますが、自分の趣味や将来の事に熱中していないと魅力的な人間にはなれません。
 相手にも相手の生活がありますので、適度に自立した人間になりましょう。

恋人と長続きするためにはどうしたらいいか

尊敬される人になる

最初は好きな面だけを見えて付き合ったとしても、人として尊敬できない人とは長い時間一緒に居れないものです。
何か大きなことを達成する必要はないのです。
目の前の事を1つ1つ全力を取り組むことでも構わないですし、趣味に打ち込むことでも構いません。
 何かを頑張っている人は魅力的に見えます。
好きな事なら簡単に頑張れますよね。
好きなことに熱中して、魅力的な人になりましょう。
刺激的な人になるとか、自立する、とかそういった事はすべて尊敬される人間になることに繋がります。

見返りを求めない優しさ

優しい男性はモテます。

しかし、優しさが自分のためになっている行動だと感謝されない時に頭に来てしまいます。

相手のためを思って優しいふるまいをするのであれば、最後まで相手のための行動をとりましょう。

また見返りを求めてしまうのであれば、最初から優しくしないことも1つの手段です。

無理して優しさを見せても長続きしませんし、女性は鋭いのでそういった作った面は見抜いてしまいます。

できる範囲内で常に優しくあるように心がけ、無理はしないようにしましょう。

気持ちを言葉で表現する

気持ちと言っても、感謝の気持ちや褒める気持ちなどのポジティブな気持ちです。

ありがとう、綺麗だね。と言う言葉が思った時にすぐに言える男性は凄く少ないです。

何も言わないのが男らしいという気持ちが少しあるのもよくわかります。

しかし、付き合ってる他人には言葉にしないと伝わらないものです。

むしろ伝わっていても言葉にするデメリットは無いので積極的に言葉にしましょう。

長続きせずにすぐに別れることになった経験談

18歳高校卒業と同時に出来た彼女

同級生で、3回告白し、3回目に付き合えた彼女です。
3回告白すれば誰でも落とせると恥ずかしい事を思っていたじきでもあります。
彼女は短大、自分は浪人生でしたので、生活に差が出てしまいあまり会う機会もないまま別れることになります。
半年の中で2~3回のデートで自分が遠方の大学に行き、自然消滅しました。
若いころに出来た恋人って、相手の気持ちを考える事も出来ずに終わってしまう事も多いですよね。

大学生になり、初めての彼女

バイト先の後輩です。
料理上手で、優しい娘でした。少し依存気味だが、とても良い彼女です。
地方局のアナウンサーとなります。
後に話をしてわかったが、自分が帰省した1か月の間に連絡をほぼ取らなかった事で振られたらしいです。

別れの傷を癒されてすぐに付き合った後輩

1年半付き合っていた彼女と別れ、悲しんでいた時に、遊びに誘ってくれた。
寂しさを埋めることと、2人の関係を築く事は違いました。
依存した関係が終わると、1人の寂しさが半端ないです。
反動で誰かを気付付けないようにしましょう。

2週間で別れたバイト先の後輩

5年以上職場の関係
ある飲み会で、顔が好みだった事や惚れないように避けていた事を話すと
急接近し、付き合うことになりました。
相手からしたら、嫌われ→好みのギャップだけで、それほどの魅力は無かった様で1か月も経たずに振られました。
[関連記事]

コメント

タイトルとURLをコピーしました