婚活に疲れた男性は1度休みましょう。活動と休憩を繰り返すうち相手は見つかります

婚活疲れ 婚活恋活のコツ

婚活をしていると疲れたと思うこともあります。

20代30代共に67%(3人に2人)が恋人が居ない時代です。
またそのうちの半分に当たる30%が「恋人はいらない」と思っているそうです。
そんな中結婚を視野に入れて婚活しているとうまくいかないことも多いです。
その理由と対処法について紹介します。

また婚活で疲れきっている時に出会った女性とお付き合いすることができた筆者の体験談も紹介します。

婚活の疲れる理由

婚活は本当に疲れます。
見知らぬ人と気を使いながらメッセージを繰り返し、急に無視されてしまうことも日常茶飯事です。
苦労して出会うことができても、自分が2度目のデートをしたいと思う相手ではなかったり、相手側がそう思わなかった場合に次のデートには繋がりません。
その度に何度もリセットをするような感覚になるので、疲れが溜まります。

 

婚活の疲れへの対策

婚活で疲れた時の具体的な対策をいくつか紹介します。
もし疲れてもお付き合いや結婚自体を諦めないでください。

1度休憩する

とにかく休憩するのが1番です。
婚活が原因で疲れているのに、無理して続ける必要はありません。
休憩しても何かが後退することもありませんし、誰にも迷惑はかけません。
もしアプリや相談所に入っているのであれば、有料会員などは退会してしまいましょう。

 

約束した人までは会いましょう

休憩をお勧めしますが、とりあえず約束した人とは会いましょう。
ドタキャンは婚活をしている中で1番疲れるものですので、それを自分からするというのはよくないです。
私はお付き合いする方と会う日も婚活に嫌気がさしていて

また会ってもどうせ無駄なのかなあ。

お金の無駄だし会うのやめたいなあ。

と思っていました。
しかし、その想いの中でも奮い立たせて向かったところ、素敵な女性と出会うことができました。
もし休憩を決めたとしても、会う約束が既にあるのであればその方とのデートまでは済ませてしまいましょう。

婚活は時間のかかるもので、皆同じように苦戦しています

婚活は6ヶ月以内に終了すると成功と言われています。
筆者も婚活を始めてから初めてお付き合いするまで3年かかりました。
その間に何度も婚活が嫌になり休憩もしましたが、毎回再開したおかげで今の彼女さんとお付き合いすることができています。

自己投資にお金をかけてみましょう

今まで婚活にかけていたお金を少し休憩して、自分の服や髪の毛、靴や身の回りのものに使いましょう。
関連:服屋が苦手な方へのアドバイス

婚活では自分のプロフィール写真にお金をかけていたでしょうか。
男性の中でも、プロの写真家の方に依頼して自然な写真を撮っている方が増えてきました。
そんな中で自分のプロフィールの写真が適当なものだとマッチング率は年齢とともに下がってしまいます。
休憩後に婚活を再開した時に今よりもいい女性と巡り会うためにも自己投資をしましょう。

[関連記事]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました